中高年のための求人情報ノウハウ特集

*

法律的・倫理的観点から考える、退職時の有給消化

      2016/01/14

退職時の有給消化は法律上有効です

 退職する時に、有給休暇を消化してから辞める行為は、果たしてアリなのかナシなのかと心配している人は、とりあえず、これだけは頭に入れておきましょう。労働基準法で見れば、退職時であろうが何だろうが、有給休暇を消化することに、なんら問題はありません。

 中高年の方はこのくらいのことと、自分にどれだけ消化可能な有給休暇が残っているのかは把握しているはず。あとは、それをどう上手く消化するか、あるいは、どう上手く会社と折り合いをつけていくか。ここがポイントになってくるのではないでしょうか。

退職時の有給消化は身勝手な考え方なのか

 退職する時の有給消化は、しばしば、退職する側の身勝手な行動であるとされることがあります。本当にそうなのでしょうか。労働基準法で決められ、労働者の権利として認められている有給休暇の消化。その時期が退職時ということだけであって、それまで消化せずに来たわけですから、単純に身勝手な行動と言い切ることはできないでしょう。

 そうは言っても、会社との関係もあるでしょうから、簡単に全ての有給休暇を消化することはできないと思う人もいるかもしれません。しかしそれでも、当然の権利として主張し、請求することは身勝手な行動でも考え方でもないはずです。堂々と会社に相談してみましょう。

有給消化の可能性は退職活動の出来次第?

 結局のところ、退職する時の有給休暇の消化が可能かどうかは、退職する人間と会社の関係、そして、退職活動の出来次第と言えるのかもしれません。双方に信頼関係がしっかりとあれば、恐らく特に問題なく有給休暇を消化することができるのではないでしょうか。

 また、引き継ぎも滞りなく行い、残務もない状態にまで徹底して退職活動を行えているのであれば、これも有給休暇の消化が認められるケースが多いと思います。主張する権利は確かにありますが、「やるべきことを、キッチリとやる」、この姿勢だけは見せておく必要があるのかもしれません。



【関連記事】
中高年の転職に求められる円満退職とは?!
中高年の転職に必要な入社手続きって?
中高年の転職と途中入社の注意点とは?
試用期間は何の期間なのか|不当な試用期間に出会ってしまった時は?

 - 退職・入社

  関連記事

試用期間は何の期間なのか|不当な試用期間に出会ってしまった時は?

チェック期間だが、審査期間とは違う試用期間  多くの労働者が新しい会社へと入った …

中高年の転職に求められる円満退職とは?!

なぜ「円満退職」をする必要があるのか?  “退職してしまったら縁も切れるだろうに …

中高年の転職に必要な入社手続きって?

内定通知をもらったら・・・?!  内定通知をもらったら長い苦しい転職活動も晴れて …

中高年の転職と途中入社の注意点とは?

前職の話は極力しないようにしよう  中高年のビジネスパーソンにとって転職先で仕事 …