中高年のための求人情報ノウハウ特集

*

情報を整理する

   

集めた情報を整理しよう

 求人を探す、あるいは求人の内容をさらに見定めるなどの情報収集は、それを集めただけで終わりではいけません。そこで終わってしまうと就職や転職もそこでストップしてしまいます。そこから先へ進むためには、集めた情報を整理する必要があります。時に自分にとっては不要な情報も出てくるでしょう。

 そういったものは躊躇無く捨てること。中高年であるにもかかわらず若者向けの情報を持っていたって使う場面がありません。それは求人情報だけではなく、面接や書類作成時の対策やコツなどの情報収集にも言えること。

 中高年には中高年向けの情報があるわけですし、もっと言えば中高年向けの中にも自分にとって有益な情報やそうでない情報があるわけですから、必要なものだけを抜き出す作業も収集と同時に行うようにしましょう。

 情報収集を行っていると、しばしば相反する情報を得ることもあります。その場合の取捨選択の判断は自分で行うしかありません。正しいと思った方を選択すること。しかし勘ではなく、そこには確信が欲しいところですね。中高年なりの経験を活かし、判断してみてください。

情報収集は採用決定まで行おう

 情報収集は就職・転職先が決定するまで継続して行うこと、これをお勧めします。求人情報の収集を最初の方にすると思いますが、もしその中で採用にまで至らないと、不合格の通知を確認してから新たな求人を探し出さなければなりません。これでは効率がよくないですよね。不合格を前提として動くのはあまり気分のいいものではありませんが、ダメだった時にはすぐに別の企業へ応募できる態勢を整えておくことこそ、転職のワザであり、情報収集能力の見せ所。

 切り替えがスピーディーにできるかどうかも情報収集の良し悪しに関わってくるのです。日々情報が変化する可能性があるのも、収集をストップしてはいけない理由。昨日出ていた求人が今日もあるとは限りませんし、昨日までなかったのに今日突如として登場する求人もあります。

 中高年が就職や転職の可能性を最大限広げるためには、常にこうした情報にアンテナを張っておく必要があるのです。活動を進める上で不安や疑問が出てくることもあるでしょう。これらも情報収集を習慣としていれば解決するのも断然に早い。最後の最後まで気を抜かずに活動をすると、疲労感は出てくるかもしれませんが、就職や転職を叶えた後の達成感は格別なはずです。

 - 情報収集

  関連記事

no image
情報収集をするコツ

情報収集する方法  簡単に情報収集とは言いますが、求人情報をはじめとした情報収集 …

no image
情報収集をするメリットとは?

どんな情報を収集しておくべきか  転職を決意した中高年は、求人を探さなければなり …