中高年のための求人情報ノウハウ特集

*

中高年の転職希望者が面接でやってしまいがちな失敗例とは・・・?!

      2015/11/11

自分のことばかり話す

 中高年がやってしまいがちな失敗の一つですが、自分のことばかり話して、採用担当の話を遮ってしまいます。

 面接中は採用担当の質問に回答するのみにして、自分の話はなるべくしない、質問に回答をする際でも30秒以内に切り上げることが求められます。自己紹介なら3分以内です。

応募先企業の予習不足

 就職の面接とはいうなれば男女のお見合いのようなものですから、結婚(就職)するかしないか?!検討するために顔合わせをするのですが、どうしても相手と結婚(入社)したければ相手のことは自然に誰よりも詳しくなってしまうものです。

 応募先企業について何も知らないのでは誠意を疑われても仕方無いです。せめて自社サイトくらいはよく読みましょう。

前職の会社や上司の悪口や批判を口にしてしまう

 採用担当に「退職理由」について聞かれたとしても、絶対に在職中の会社の悪口を口にするのはタブーです。

 会社や上司の悪口・批判は口にせず、ただ、「今の会社に居続けても自分が前からやりたかった仕事ができないのが悩みで・・・」という風に前向きさが感じられる理由を答えましょう。



【関連記事】
中高年が就職の面接で求められるマナーとは?!
中高年の転職希望者のための面接の対策とは?
中高年の転職で面接時に聞いておきたいこと
中高年の転職活動で面接後のお礼状は必要か

 - 面接対策

  関連記事

中高年の転職で面接時に聞いておきたいこと

入社後に後悔しないために  中高年の転職市場は堅調ですが、そのすべてが満足のいく …

中高年の転職活動で面接後のお礼状は必要か

面接後にお礼状を書く意味  中高年の転職市場は堅調で、活動に励むミドル世代も多い …

中高年の転職希望者のための面接の対策とは?

新聞の「経済面」を読もう!  採用担当は面接の最中に「そういえば今朝こういうニュ …

kz0010009034l
中高年が就職の面接で求められるマナーとは?!

服装と身だしなみ  面接の目的とは①求職者が応募書類に書かれているのと相違ない人 …