中高年のための求人情報ノウハウ特集

*

中高年の転職は5つの流れから

 中高年になってから勝負するのは、とても勇気がいることですよね。その勇気を無駄にしないために必要なことがあります。それはひとつやふたつではありません。転職は幾つもの要素がバランスよく集まってこそ成功するもの。それらを集め、勝負に勝つような転職活動を繰り広げましょう。

現実を見る事からスタート

 仕事に夢を持つことは悪いことではありません。しかし現実というものも見つめる必要があります。若ければ夢を追いかけてもいいですが、もう若いとは決して言えないわけですから、「現実を見る」ことを意識して転職活動に取り組むようにしましょう。


【参考記事】
中高年の転職には計画が必要!
中高年の転職準備と自己分析って?!
中高年の転職と市場価値について
健康や体調管理のために“控えなければならないコト”は?

効率の良い求人情報収集

 求人情報を集める際にも、この現実を見ることが求められます。本当にその仕事をこなせるのか、その仕事に向いているのか、応募したとして、企業は自分に振り向いてくれるのか、など、現実的な目線で求人情報を集め、ふるいに掛け、効率の良い情報収集を行わなければなりません。


【参考記事】
中高年が転職に利用している求人情報媒体について
中高年の転職とハローワーク
中高年ならまず転職エージェントを当たってみるべし!

応募書類が転職最大のポイント

 若い人の転職活動では面接が最大のポイントとなりますが、中高年の転職活動では、履歴書と職務経歴書が最大のポイントとなります。人間性も重要なものの、それよりも過去の経歴や実績があってこそ採用の価値が出てくるからです。若い人との差別化はここで図らなければなりません。


【参考記事】
中高年の履歴書 見られるポイントとは
中高年の職務経歴書 見られるポイントとは
中高年の応募書類の悩みと解決法について

面接では人間性を見てもらおう

 履歴書・職務経歴書である程度アピールできたら、あとは人間性を見てもらうだけ。それが面接の場となります。ここはオマケと言ってもいいものですが、しかしオマケに釣られる人が多いのも事実。キャリアだけではなく、「人間的にも魅力的なんだ」、というアピールができなければ全て水の泡となってしまいかねないでしょう。


【参考記事】
中高年が就職の面接で求められるマナーとは?!
中高年の転職希望者のための面接の対策とは?
中高年の転職希望者が面接でやってしまいがちな失敗例とは・・・?!
中高年の転職で面接時に聞いておきたいこと
中高年の転職活動で面接後のお礼状は必要か

退職と入社の手続き

 突然、「辞めます」では、人としてどうなのかと思われてしまいます。物事には順序というものがあり、退職にこそこれを強く意識したいところ。もう少し退職時期をズラして欲しいと懇願されることもあるかもしれません。そうしたことも考慮した上で、退職に関しても細かなスケジュール作りから取りかかるようにしましょう。


【参考記事】
中高年の転職に求められる円満退職とは?!
中高年の転職に必要な入社手続きって?
中高年の転職と途中入社の注意点とは?
法律的・倫理的観点から考える、退職時の有給消化
試用期間は何の期間なのか|不当な試用期間に出会ってしまった時は?

公開日:
最終更新日:2016/01/14